30代前半の妻が振込詐欺にあった話

振込詐欺の被害にあうのは高齢者ばかりだと思っていたのですが、まさか自分のパートナーとは。
そろそろほとぼりも冷めて、当時の状況を妻から詳しく聞けたのでまとめます。
他人事と思わず、良ければ最後まで読んでいってください。


事の発端

数か月前の昼休み、珍しく妻から電話がかかってきました。
妻『大変な事になった』
僕「…また事故った?」
妻『Amazonの有料会員費が振り込まれてなくて裁判になるかも
僕「??有料会員になってたっけ?」
妻『少し前にお急ぎ便使ったから、その時になったかも』
僕「そっか…?でも会費なんて月500円ぐらいでしょ。裁判て?」
妻『もう裁判手続きに入ってるみたいで、今なら20万払えば取り消せるって』
僕「???誰から聞いたの?Amazonからメールで来た?」
妻『ショートメールが来て、こっちから電話したら法律事務所だった』
僕「いやそれ典型的な詐欺ですやん…」
妻『そんな訳ない!ていうか、昨日楽天の有料会費も払われてなくて、その費用5万円払ったし
僕「!?!?」
妻『その後、わざわざ他にも無いか調べてくれて、Amazonでの未払いが分かったの』
妻『すぐに振り込まないと正式な裁判が始まって20万円で収まらなくなっちゃうって!』
僕「とりあえず、そのショートメール転送して。何処の事務所から調べるから」

重要なお知らせがございます。本日ご連絡なき場合、執行手続きに移行します。03-XXXX-XXXX

僕「電話番号で検索したら「詐欺にご注意」のページしか出ない」
妻『まじか』
僕「昨日5万円払ったって言ってたけどどうやって払ったの?」
妻『Webマネーで払った』
僕「Webマネー…まさかシリアルコードの写真を送った?」
妻『写真で5万払った…』
僕「それは典型的な詐欺だから着拒して警察行ったほうがいい」
妻『Webマネーで払った…』
僕「大丈夫?」
妻『5万払った…』
妻『Webマネーで払った…』
僕「妻?妻ー!?しっかりー!」

詳しい経緯

以下、妻に聞いた詳しい経緯です。

・ショートメールを受信。高圧的な内容に不安を感じて記載された電話番号へ掛ける。

・「法律事務所の者だが、楽天から会費不払いに感じて裁判の開始手続きを受けている。今日中に支払えば裁判の取り下げが出来る」的な事を言われる。

・言われるがままコンビニでWebマネーを購入し、コードの写真を送る。

・「もしかすると他にも不払いがあるかもしれないので調査しましょうか?」と言われお願いする。

・翌日、「Amazonの会費が未払いで、こちらは既に裁判の手続きが完了している。今から取り下げる為には20万円かかる」的な事を言われる。

・妻、流石に払いきれない為僕に相談し詐欺に気付く。

・妻、仕事を早退し、警察へ駆け込むがWebマネーでは犯人の特定は非常に難しいという事で慰め程度の被害届けを出す。

・Webマネーの会社へダメ元で返金をお願いする。返金出来る可能性は限りなく低いとの事。

・妻、怒りのやけ食い。僕の財布に10,000のダメージ。

詐欺に合わないポイント

怪しいショートメールは無視

改めて詐欺の発端となったショートメールを見てみます。

重要なお知らせがございます。本日ご連絡なき場合、執行手続きに移行します。03-XXXX-XXXX

やたら高圧的な態度で不安を誘う内容ですが、差出人の名前も無く怪しさマックスです。
こんなメールは無視しましょう。

知らない電話番号はまず検索

それでもやはり「気になる、不安だ」という場合、電話をかける前に電話番号で検索するべきです。
まともな会社なら会社のHPにたどり着くはずです。
今回の電話番号では詐欺の注意喚起をするページばかりだったので、検索すればその時点で気付けたと思います。

真っ当なサービスはいきなり裁判など起こさない

今回は「Amazon」と「楽天」という大手の名前を出してきました。
大手に限らず、真っ当な会社はいきなり裁判を起こす事はまず無いです。
未払いがあった場合、まずはメールや手紙などの書面で、「宛先」「理由」「期日」「金額」を明示してくるのが普通です。

Webマネーで支払いは100%詐欺

Webマネーは現金を手軽に電子マネーに変換出来るサービスです。
使い方も、購入したカードに記載されたコードを入力するだけと非常にお手軽です。
しかし、このコードを他人に教えてしまうと、コードの所有権を譲渡した事になってしまうので、犯人が「プレゼントされたものです」と言えばそれまでです。
また、警察の方曰く、口座振り込みと違い、対面する必要も無いので検挙が非常に難しいようです。
Webマネーのサイトにもはっきりとこう書いてあります。

■プリペイド番号をメールで送るという決済手段はありません。

WebMoneyは当社が提供する決済システム(Webサービス)を通じて代金の支払いを行うことを前提としております。
メールに直接WebMoneyのプリペイド番号を記載して支払いを行わせるといった行為を当社では一切認めておりません。絶対にメールでプリペイド番号を送信されませんようお願いします。Web Moneyセキュリティ

妻がWebマネーを購入したコンビニに行ってみると、Webマネーの陳列棚にもレジ前にも「Webマネーで支払いは詐欺です」とはっきり書いてありましたが、当時の妻には全く見えていなかったそうです。


何故妻が被害にあったか?

偉そうにポイントを挙げましたが、「いやお前の嫁気付けてないやん!」という声が聞こえてきたので、何故妻が被害にあったかを考えてみます。

ネットリテラシーが低い

妻は機械に弱く、一人でインターネットが出来るようになったのはここ最近です。
それも決まったアプリ、サイトしか使わないので、いきなり「有料会員費!」「Webマネー!」と言われてもピンと来なかったようです。

お金に後ろ暗い過去があった

実はうちの妻は一度クレジットカードを止められています。
就職したばかりの頃にカードローンを組んだものの、体調を崩して休職し、支払いがストップしたのが原因でした。
結局超過利息を含めて完済はしたものの、「まだ借金があるのでは」という後ろ暗さが常にあったようです。

我が家の被害額は5万円+妻を慰める為の焼き肉代1万円の計6万円でした。
それだけで済んで良かった…なんて思うかー!犯人は絶対許さん。

今回の事件を機に、妻とお金について真面目に話し合い、「把握していない借金が無い事」「ネットで買い物をする時は事前に相談する」という事にしました。

ちなみに5万円は一回で購入できるWebマネーの最大金額です。
20万円払うとなったら4枚買わせる気だったのかと思うと、どこまでも人を馬鹿にした犯罪なのかと書いていて腹立たしくなってきた。

皆さん、どうかお気をつけください。


気になる

Posted by tunasi