僕が仮想通貨に10万投資して失敗した理由と対策

仮想通貨が今熱いですね!
今月は仮想通貨の代表「ビットコイン」が過去最高の200万円超えを果たし、今年の10月頃と比べて5倍、取引開始直後の2012年と比べると2000倍という高騰振りです。

最近では、BitFlyerやcoincheckといった仮想通貨取引所のCMも多く、気になっている方も多いのではないでしょうか。ネットで調べると「これから上がる!」とか「これだけ儲けた!」みたいな話題が多くて、希望に満ち溢れている感じです。
でも、逆に失敗談ってあまり見ないですよね。なので、ド初心者の僕がやらかした失敗を紹介してみようと思います。

これから初めようとしている人始めたはいいけどどうしたら良いか分からない人の指針になれば幸いです。


僕が失敗を出した経緯と敗因

経緯

まずは、ド初心者の僕が損失を出した経緯を時系列に書いていきます。

口座開設と同時にビットコインの高騰が始まる

coincheckに入金して速攻で始めようと、何も考えずにクレジットカードでビットコイン(BitCoin:BTC)を5万円分買う(買値:2,126,092円/BTC)

ビットコインの暴落が始まる

他のコインに乗り換えようとするも、クレジットカード購入分は購入から1週間動かせない

ビットコインよりリップル(Ripple:XRP)の方が送金が早く手数料が安い事を学び、coincheckから口座入金して5万円分購入(買値:135.5円/XRP)

アルトコインのヴァージ(Verge:XVG)に目をつけ購入を決意(当時0.000009XVG/BTC)

XVGを扱っているBinanceに送金するも、coincheckの送金ステータスが「手続き中」のまま一向に進まない

coincheckより「本人の意思による送金か分からないからキャンセルしたよ!送金したいなら返信してね!」という旨のメールが来る

返信して送金可能になるも時すでに遅し(0.000016XVG/BTCにまで高騰し、その後下落)

結果

※12/28 0:40のcoincheckのレートから算出しました

ビットコイン
購入:50,000円(0.02351732BTC X 2,126,092円/BTC)
現在:41,202円(0.02351732BTC X 1,752,023円/BTC)

リップル
購入:50,000円(368.98XRP X 135.508円/XRP)
現在:47,930円(368.98XRP X 129.900円/XRP)

合計
購入:100,000円
現在:  89,132円(-10,868円

まあ、実際はリップルを換金して草コインにばら撒いたので、送金手数料+値下げでもっとマイナスは大きいんですが(笑)その辺はややこしくなるので割愛します。

敗因

その1.口座開設~取引開始までの期間が思ったより長かった

口座開設自体はオンラインですぐに出来るのですが、取引を開始する為には本人確認のハガキを受け取らないといけません。うちは共働きなので平日は受け取れず、結局、口座開設~取引開始までに1週間かかりました。その間ビットコインはガンガン上がってたので、完全に焦っていましたね。
それに加えて、クレジットカード利用で1週間のタイムロスは痛かったなー。

その2.取引所への送金に時間がかかった

リップルは送金速度が速いと聞いていたので、送金手続きの遅さにはかなりイライラしましたね。狙ったコインが買えないのに値上がりしてる、という状況はとても歯痒かったです。
ただ、手続きが遅かったのは初回だけで、あとはすぐに遅れるようになりました。
とはいえ、送金先の手続き等で反映までに数分~数時間はかかります

その3.チャートをよく見ていなかった

今思えば、最初の購入(212万円/BTC)は焦りすぎですね。月初で大体120万円/BTCだったのに、倍近い急騰は異常です。
口座開設したのにコインが買えない焦りが完全に裏目に出てしまいました。

失敗した僕が これから始める人に勧めたいこと

失敗したのに何を偉そうに!と思うかもしれませんが、これをやっておけば僕みたいな阿保な損失はしなくて済みますので、参考にしてみて下さい!!

今すぐ口座を作り、資金を入れておく

まず口座を作らない事には何も始まりませんし、「よし今だ!買おう!」と思っても入金/送金には時間がかかります。なので、今すぐ口座を作って資金を入れてください。
「そんな事言われてもどこがいいか分かんないよ!」って方は次を読んで欲しいです。


必要なのはメールアドレスと免許証、たまにパスポート それだけ

口座を作るのは大変そう…と思うかもしれませんが、実はすごく簡単です。
取引所にアクセスし、メールアドレスを登録し、免許証の写真を送るだけです。
あとは本人確認のハガキが郵送されてくるので、それを受け取れば取引は開始出来ます。
海外の場合はパスポートが必要になりますが、それも写真を撮るだけで取引開始可能です。

最短で始めるならcoincheck(国内)

出川哲郎のCMでお馴染みcoincheckです。
「何がNo.1なんだよ?兄さん!」と言っていますが、コインの取り扱い数取引開始までの速さ、あとアプリの使いやすさが(国内)No.1です。
本人確認のハガキは、メールアドレスの登録から2-3日で届きますし、銀行口座払いなら即送金できます。
コインの取り扱い数も国内トップだし、アプリも使いやすいので、最初に始めるならcoincheckをお勧めします。

気を付けて欲しいのは、coincheckは販売所形式なので、他の取引所と比べてコインの値段が高いです。(ビットコインは除く)取引所は個人間での売買ですが、販売所はcoincheckが仕入れたコインを個人が買う形になるので、手数料分高くなる仕組みです。

余談ですが、CMが放映され始めた頃にビットコインの暴落が始まったので、「出川ショック」と呼ぶ人もいます(笑)

登録は→コチラからどうぞ!

長い目で見るなら積立投資可能なZaif(国内)

Zaifは、coincheckと違って完全な取引所ですので、コインを安く仕入れる事が可能です。
また、国内では唯一積立投資に対応しています。ドルコスト平均法と呼ばれる方法で、毎月一定額でコインを自動で購入する事が可能です。(ドルコスト平均法は説明しきれないのでググッてください。。)
積立投資のメリットは、日々のチャートに振り回されることなく、低リスクで利益確保が望めるという点です。仮想通貨は2018年も伸びていく事が予測されますので、今のうちに積立を始めるのは賢い選択だと思います。

ただし、Zaifはサーバーが弱く、よく落ちてしまう事があります。その為、短期で稼ぎたい人にはあまりお勧めできません

登録は→コチラから。

狙いを絞るならBitBank(国内)

BitBankもZaifと同じく取引所なので、コインを安く購入できます。注目したいのは、前述したリップル(XRP)を取り扱っている点です。
リップルは送金速度が速い上に出金手数料がめちゃめちゃ安いです。
海外の取引所を使用したいなら、BitBankでリップルを買って送金する事をお勧めします。

仮想通貨の出金手数料をまとめてくれた方がいました。ビットコインの3743円に対して、リップルは20円と破格です。一番安いのはMONAですが、海外では取り扱っていない所が多いので、やはりリップルが最強だと思います。

登録は→コチラから。

取引高世界No.1!圧倒的な手数料の安さコインの品揃え Binance(中国)

Binanceは12/16に取引高世界No.1に躍り出た中国の取引所です。躍進の理由は、手数料の安さとコインの品揃えにあります。
通常の取引所では0.15%~0.25%かかる手数料が、Binance独自のBNBとうトークンを使うと0.05%に抑えられます。また、取り扱うコインの数は170種類と、国内最大のcoincheckの10倍以上の品揃えです。その中には、1年間で1900倍に高騰し、億り人を量産したXVGも含まれており、まさに宝の山と呼べるでしょう。
日本語にも対応している点も評価できますね。
メールアドレスの登録だけで、2BTC(約300万円)の取引が可能です。

登録は→コチラから。

もっとマイナーなコインを狙うなら Poloniex(米国)

PoloniexはBinanceと同じぐらいの規模を持つ米国の取引所です。
Binanceでも取り扱っていないようなコインも多いですが、以前は200種以上のコインを取り扱っていましたが、売買量が少ない物を廃止していっています。つまり、厳選されたコインが残っている為、これから値上げする確率はかなり高いです。
Poloniexを利用する為には、パスポートの申請が必要ですが、PCカメラで撮るだけなので非常に簡単に登録する事が出来ます。

登録は→コチラから。

最後に

年末年始、そして2018年は仮想通貨に新規参入する人が増えると予測されます。
仮想通貨はまだまだ伸びる可能性を秘めていますので、是非この機会に始めてみては如何でしょうか。
そして、僕のような初歩的なミスを犯さずに、スタートダッシュを切れる事を願ってやみません。
それでは、今日はこの辺で。


気になる

Posted by tunasi