まだ使ってないの?パパ必見のウォーターサーバー4選

2017年12月4日


「え?まだ使ってないの?なんで?」
これは、この前職場で子持ち男達と飲んだ時に出たセリフです。
「奥さんに欲しいって言われてるけど高そう」 「ペットボトルで十分でしょ」 といった声が聞こえましたが、いや、マジで使ったほうがいいですよ

という事で、今日はウォーターサーバーについて書きます。
ウォーターサーバーって凄く便利で、子供がいる家庭ではマストアイテムだと思うんですが、案外普及してないんですね。



ウォーターサーバーを使う6つのメリット

最初にも書きましたが、子供がいる家庭ではウォーターサーバーは必須だと思うんです。
その理由は次の4つです。

いつでも冷水/温水が飲める

これ!赤ちゃんや小さい子供が居る家庭ではとても重要です!
特に赤ちゃんの場合は、ミルクをすぐに作る事が出来るので、育児ストレスが激減します。
僕の場合、子供が生まれて二か月程経ってからウォーターサーバーを導入したのですが、超快適でした。
導入前はポッドのお湯を沸かしていなかっただけでガチ夫婦喧嘩をしてましたからね。。

勿論、ミルクを卒業した今でも重宝しています。
冷水と温水がすぐ出せるので、その時に合った適温に調整できるからです。

  • キンキンに冷えた水だと子供がお腹を壊してしまうかもしれないので、少し温めにする。
  • 味付けの濃いスープを温水で薄める。
  • 熱すぎるスープを冷水で温める。

等々、様々なシーンで使えます。

いつでも美味しい水が飲める

これは言わずもがなですが、ポイントがあります。
最近のウォーターサーバーは、水の種類が選べるんです。
これは各社特徴があるので、あとで紹介します。

安全性が高い

安全性も2つの意味で優れています。
まずは「水の安全性」です。
厳しい品質チェックを受けた水が家に届くのですが、家に着いてから口に含むまで、水は殆ど外気に触れません。
その為、雑菌が入る心配が無く、子供でも安心して飲む事が出来ます。

次に「サーバーの安全性」です。
温水は熱湯なので、「子供が火傷をしてしまうのでは」と心配になるかと思います。
しかし、チャイルドロック機能が付いているので、まず心配いりません。
例えば、我が家のウォーターサーバーは、「UNLOCK」ボタンを長押ししないと温水は出ません。

メンテナンスが楽

安全性を保つ為には面倒くさいメンテナンスが必要でしょ、と思われるかもしれません。
そんな事は全く無いです。 最近ではメンテナンスフリー、あっても専用のボトルを刺すだけと凄く楽チンです。
そもそも雑菌が入らない機構であったり、熱湯を循環させて殺菌する構造だったりと、メーカーによって様々な工夫が凝らされています。

定期的に家まで届けてくれる

これも重要ですね。
市販のミネラルウォーターを買うと、家まで自分で運ばないといけませんが、ウォーターサーバーは家まで届けてくれます。
また、定期的に届けてくれるので買い忘れの心配もありません。

ゴミが減る

意外に思われるかもしれませんが、本当です。
最近はビニールパックや潰せるボトルが使われているので、ペットボトルに比べると格段にゴミが減ります

ウォーターサーバーを使うデメリット

設置場所が必要

一般的なウォーターサーバーは、幅・奥行が30~40cm、高さは1mほどの大きさです。
その為、設置場所を予め確保する必要があります。

ランニングコストがかかる

浄水器の水と違って、ウォーターサーバーは水を定期購入する必要があります。
プランにもよりますが、大体150~300円/リットルとペットボトルの水より少し高いかもしれません。
また、サーバーの電気代も300~1000円/月程度かかります。

水の種類

水は会社によっていくつかの種類に分けられます。

天然水

天然水とは、必要最小限の事項処理しか加えていない天然の水の事を差します。
地中でろ過される過程で、ミネラルを多く含む事から、ミネラルウォーターとも呼ばれます。
市販されているペットボトルの水は、殆どが天然水です。

ROろ過水

逆浸透膜(RO膜)というあまり聞き馴染みの無いフィルタでろ過した水の事を差します。
RO膜には極小の穴(0.0005~0.002μm)が開いており、ほぼ水分子しか通しません。
浄水器では取り切れないレベルの不純物までカット出来る為、安全と清潔を第一に考える人に向いています
その反面、通常の水に含まれているミネラルまで除去されてしまう為、人によっては味気なさを感じるようです。
この為、ROろ過した後にミネラルを添加するタイプのウォーターサーバーもあります。
なお、スーパーで無料配布されている水は、このタイプが多いようです。



お勧めのウォーターサーバー4選

前置きが長くなりましたが、お勧めのウォーターサーバー各社を紹介します。
味、コスト、機能性の3つで評価しています。
なお、味は好みによって異なりますので、購入後に選択幅があるかで評価しています。

Frecious(フレシャス)

ウォーターサーバー
味:   ★★★★★(3種の天然水から選べる)
コスト: ★★★★★(1リットルあたり158~209円)
機能性: ★★★☆☆(特になし)

まずは我が家でも使っているFrecious(フレシャス)を紹介します。
ここの特徴は、まず何と言ってもデザイン性です。
ウォーターサーバーで唯一グッドデザイン賞を受賞しており、部屋に置いても見栄えが良いです。
しかも、ウォーターサーバーにも種類があり、女性に優しい重さの4.7L/7.2Lパック式と大容量の9.3Lボトル式が選べます。
それでいて、電気代も330円/月程度とお財布にも優しいです。
水は、天然水が三種類用意されており、好きな味を選ぶ事が出来ます
我が家では富士の水を使っていますが、優しい甘みがあって非常に飲みやすいです。
料金は4,560~6,024円/月とウォーターサーバー各社と比較して安いです。
一回の配送で28.8リットル(7.2リットル/パック×4パック)なので、1リットルあたり158~209円です。

機能面では特筆すべき点はありませんが、メンテナンスが手動で少し手間がかかるぐらいでしょうか。 それでも、付属のカップをはめてボタンを押すだけなので、大した労力ではありません。

個人的にはおススメ度No.1です。(実際使っているし)
文句があるとすれば、配達用の段ボールが少しかさばるぐらいでしょうか。

Kirala

Kirala
味:   ★★★☆☆(天然水が1種のみ)
コスト: ★★☆☆☆(1リットルあたり207~234円)
機能性: ★★★★★(メンテナンスフリー、炭酸水可)

こちらも天然水ですが、残念ながら一種類だけです。
しかし、ウォーターサーバーは業界最薄の18cmで、デザインも良いです。
また、メンテナンスフリーの上、炭酸水を飲む事が出来ます。(炭酸カートリッジは別売り)
料金は契約年数で異なりますが、月額5,950~6,750円です。
一回の配送で28.8リットル(7.2リットル/パック×4パック)なので、1リットルあたり207~234円です。

少し割高ですが、置くスペースが限られている場合や炭酸水を日頃飲んでいる方にはお勧めです。

PREMIUM WATER

クリティア_アマダナ
味:   ★★★★★(3種の天然水から選べる)
コスト: ★★★☆☆(1リットルあたり168円)
機能性: ★★★★★(大容量且つ交換が楽)

こちらも天然水で、3つの産地から選ぶ事が出来ます
前述の2社と違い容量の大きいボトル式の為、交換頻度が少なくて済みます
また、ママ応援宣言をしているだけあって、ボトルを下に設置するタイプなので、ママの負担を減らせます
月額4040円ですが、前の2社とは配送料が異なります。
一回の配送で24リットル(12リットル/ボトル×2ボトル)なので、1リットルあたり168円です。
(注:上記の金額は妊婦または5歳以下の子供がいる場合に限ります)

「ママの為」という観点から見れば一番お勧めできる会社です。

CoolQoo

クールクー
味:   ★★★☆☆(ROろ過水のみ)
コスト: ★★★★★(定額で飲み放題)
機能性: ★★★★☆(ボトル交換不要、年1回の有人メンテナンス有)

最後に紹介するのは、ROろ過式のウォーターサーバーです。
特徴は、何と言っても月額4,200円の定額で使い放題である事です。
また、水道水を使用する為、ボトル交換の手間が一切ありません
奥行が45cmとサーバーが少し大きめで、設置工事が必要(工事費18,000円)ですが、 料理にもウォーターサーバーの水を使いたい場合や家族が多い方にお勧めです。

まとめ

如何だったでしょうか。
各社一長一短ですが、きっとライフスタイルにあった会社があったと思います。
家庭にあったウォーターサーバーを導入して家族の株を上げましょう!



育児

Posted by tunasi